ホームよくあるご質問 > ワンタイムパスワード方式と合い言葉方式の違いはなんですか?


よくあるご質問

ID 0320101

ワンタイムパスワード方式と合い言葉方式の違いはなんですか?
ワンタイムパスワード方式と合い言葉方式は、どちらもお振り込みなどの重要なお取り引きの際にご利用いただく認証方式です。

お選びいただく認証方式により以下のようなメリット・デメリットがあります。詳細は、早分かり!ソニー銀行の認証方式をご覧ください。

ワンタイムパスワード方式

  • メリット:
    自分専用のトークンでパスワードが自動生成されるので、記憶しておく必要がありません。また、1回限りの使い捨てのパスワードで認証を行うため、万一、第三者に盗み見られた場合でも悪用される心配がありません。
  • デメリット:
    重要なお取り引きを行う場合は、お手元にトークンが必要になります。

合い言葉方式

  • メリット:
    重要なお取り引きを行う場合は、ご自身で記憶していただいている質問の「答え」をご入力いただくため、ワンタイムパスワード方式のように、お手元にトークンを準備いただく必要がありません。
  • デメリット:
    合い言葉を失念された場合は、再設定が必要になります。また、お取り引きの内容によっては、認証の際、お手元にカードが必要になる場合があります。

この回答は参考になりましたか。(よりわかりやすい内容にするために、アンケートにご協力ください。)

i-ask


グループ情報


Copyright 2018 Sony Bank Inc. All rights reserved. Information on this site is for Japanese domestic market only.
PostPet™ © Sony Network Communications Inc.

SonyGroupLinks