ホームよくあるご質問 > 【外貨預金】 複合指値が取引停止時間終了後に同時約定した場合はどうなりますか?


よくあるご質問

ID 0810401

【外貨預金】 複合指値が取引停止時間終了後に同時約定した場合はどうなりますか?
取引停止時間終了後に複合指値の指値お取り引き1および2が同時に到達した場合、お取り引きは以下の通り行われます。

IFD

IFD(ご購入後ご売却)の指値お取り引き1、2ともに取引停止時間終了後最初に提示する判定レートにて成立します。
この場合、指値お取り引き1(ご購入)のレートが、指値お取り引き2(ご売却)のレートより円高となり、為替差損が生じることがあります。

OCO(ご購入またはご売却の組み合わせのみ)

取引停止時間終了後最初に提示する判定レートにて一方の注文が成立し、もう一方の注文は自動的にキャンセルされます。

OCOの組み合わせの中で「ご購入またはご売却」については、指値お取り引きのお申し込みの際に、為替レートが同時に指値に到達した際に成立させるお取り引きをご選択いただきます。

この回答は参考になりましたか。(よりわかりやすい内容にするために、アンケートにご協力ください。)

i-ask


グループ情報


Copyright 2019 Sony Bank Inc. All rights reserved. Information on this site is for Japanese domestic market only.
PostPet™ © Sony Network Communications Inc.

SonyGroupLinks