よくあるご質問

ID 1210210
Q
【住宅ローン】 自己資金割合がどのくらいであれば、金利引き下げ幅が0.05%(年利)拡大されるのですか?
A
次の資金使途でのお借り入れで、物件価格に対して自己資金が10%以上の場合(*)、金利引き下げ幅を更に0.05%(年利)拡大します。

・資金使途が新築物件の購入
・中古物件の購入
・住宅の新築/増改築

(*)ご購入される物件の購入価格および建築される物件の建築請負価格(いずれも諸費用、お取り扱い手数料を除く)の合計額に対して90%以内の場合です。


・物件価格 3,000万円
・諸費用・お取り扱い手数料 300万円
合計 3,300万円

・お借り入れ総額 2,700万円
・自己資金 600万円
合計 3,300万円

諸費用・お取り扱い手数料を除く物件価格の合計額が3,000万円、お借り入れ総額が2,700万円(物件価格の合計額3,000万円の90%以内)となるため、自己資金割合による金利引き下げの対象となります。

参考情報

関連するご質問

よりわかりやすい内容にするためにアンケートにご協力ください。
この回答は参考になりましたか?
i-ask