ホームよくあるご質問 > 【住宅ローン】同性パートナーとペアローンを利用したり、同性パートナーを担保提供者とする場合の利用条件を教えてください。


よくあるご質問

ID 1220223

【住宅ローン】同性パートナーとペアローンを利用したり、同性パートナーを担保提供者とする場合の利用条件を教えてください。
同性パートナーのかたとペアローンをご利用いただく場合、あるいは同性パートナーのかたが担保提供者として住宅ローンをご利用いただく場合の条件は以下の通りです。

【ご利用条件】
以下1・2のうち、いずれかの書類をご提出いただけること

  1. aとbの書類のコピー
  2. a. 任意後見契約および合意契約に係る公正証書(*1)(*2)の正本、または謄本
    b. 任意後見契約に係る登記事項証明書(*1)

  3. 東京都渋谷区が発行するパートナーシップ証明書のコピー
(*1)おふたりが、相互に相手方を任意後見受任者とする任意後見契約に係る公正証書を作成し、登記されていることを確認します。任意後見契約は、将来本人の判断能力が不十分となったときの自分の生活、療養看護および財産の管理に関する事務について、あらかじめ任意後見受任者(任意後見契約の効力が生じた後は「任意後見人」と呼ばれます)に代理権を付与する委任契約を締結することです。

(*2)おふたりが共同生活を営むにあたり、当事者間において、次の事項が明記された公正証書を作成していることを確認します。
おふたりが愛情と信頼に基づく真摯な関係であること。
おふたりが同居し、共同生活において互いに責任を持って協力し、およびその共同生活に必要な費用を分担する義務を負うこと。

この回答は参考になりましたか。(よりわかりやすい内容にするために、アンケートにご協力ください。)

i-ask


グループ情報


Copyright 2019 Sony Bank Inc. All rights reserved. Information on this site is for Japanese domestic market only.
PostPet™ © Sony Network Communications Inc.

SonyGroupLinks